木造ピアノ室

木造ピアノ室は、「建物全体で鳴る楽器」とピアニストに言われています。とくに木造軸組在来工法の建物は国内外でプロに好まれており、木材そのものが良質な音響素材と言えます。

木造在来工法の利点は、構造的補強や適正な換気・通気を確保することで、音楽防音室の防音性能アップだけでなく、建物寿命を永くすることが効果的に出来ることです。

また、音響の最適化や防音材・木材などによる遮音性能を高めることが比較的容易な構造である点も長所です。このため、木材の特性や在来工法の換気・通気システムを活かすことが重要です。

依頼者の声(ピアノなど音楽室)

防音職人では、発足当初から木材の軸組構造や断熱吸音層の効果的な活用により、限られた空間(室内・天井裏・壁内・床下)を最大限に生かす防音設計を提案し、これに基づく防音工事を実施してきました。

とくに比較的狭い木造音楽室においても、ピアノ教室や趣味の音楽室、プロの練習室など多目的な用途に対応する数多くのコンパクトな木造防音室を実現しています。

木造の長所を生かした「薄い防音構造」の設計・施工が防音職人の技術的な特長です。